REALスタッフブログ

日本新記録『2時間5分29秒』

2020年3月7日(土)

42.195Kmを2時間5分29秒で走るというのは、どういうこと?!

 

このタイムは、東京オリンピック マラソン日本代表最後の1枠を争う東京マラソン3/1開催)で、大迫 傑 選手(ナイキ)が出した日本新記録ですね。

 

大迫選手は2018年10月のシカゴマラソンで出した自身の日本記録を再び更新。

42.195Kmのレースを人生で6回しか走っていないのに、2度も日本新記録をマーク。

凄いですね!

明日8日に開催されるびわこ毎日マラソンで、この記録を超える選手が現れなければ、代表は大迫選手に決定です。

 

最初の問いに戻って、

 

42.195Kmを2時間5分29秒で走るというのは、

1kmで換算すると、2分58秒43で走り続けていることになります。

アップダウン、カーブもありますよ、すごくないですか?

 

大阪の人に簡単にわかるように言うと、

心斎橋駅から南海難波駅の間を

3分のペースで42回続けて走っていることになります!

大阪以外の方は、分かりにくいでしょうか?(笑)

 

今年の東京マラソンは、新型コロナウイルス感染症の影響でエリートランナーのみの出場となり、一般ランナー4万人近く出走できませんでした。

マラソンを走るというのはアスリートにせよ、市民ランナーにせよ、相当な覚悟と練習が必要になります。
今回、急遽走れなくなった方は残念に思われたことと思いますが、また次の目標を決めて頑張りましょう(^_^)

 

そう言えば、明日は、名古屋ウイメンズマラソンもありますね。

そして、まだまだだと思っていた東京オリンピックも、もう半年を切っていますね!

 

 

UENO

REAL コンディショニング&トレーニングセンター