REALスタッフブログ

水分補給は手を抜けない

2020年8月14日(金)

やあ、暑い。

僕は暑さに滅法弱いので本当に辛いです。

 

日本全国で連日35℃を超える猛暑日が続いていますが、

体温以上の気温に上がる日も地域も増えています。

 

こまめな水分補給が命を守るために大事なのは、大人も子供もわかっています。

でも今年はコロナ感染予防でマスクをしているので、水を飲むタイミングが減っている方が多いようです。

 

それは危険です!!!

 

水分の役割は沢山あります

成人では身体の約60%~70%を占めています。

栄養素の運搬や体温の調節など重要な役割を担っています。

 

体内の水分損失率が1%になった時点で大量の発汗や喉の渇きを感じます。

6%を迎えると、手足のしびれやふらつき、体温の上昇が生じます。

 

今は、マスクをしているため、どの渇きは感じにくく、いつの間にか脱水状態に陥っていることが多いです。

 

運動量や身体の大きさによって摂取基準量は違いますが、最低でも1日2リットル以上は必要だと言われています。

意識しないと中々飲めない量ですが、体調に気を使って飲むようにしてください(^^)

 

プラスで!

 

よく汗をかく方は程よく塩分も摂取しましょう!(制限されている方は医師と相談してください)

 

汗をかくことによって、水分と一緒に塩分(ナトリウム)が失われます。

筋肉の収縮などに使うナトリウムが不足し、筋肉の痙攣が起きます!

こむらがえりも、これが原因のことが多いです!!

 

夏の減量で、調味料をカットしたり塩分を取ってない方は、程よく摂取するようにしてください!

 

後は免疫力を落とさないためにも、睡眠+正しい食事を心がけて、無事に暑い夏を乗り越えましょう!

 

 

 

 

UENO

 

REAL コンディショニング&トレーニングセンター