REALスタッフブログ

秋の味覚(カボチャ編)

2022年10月20日(木)

ほくほくの食感と優しい甘みが特徴のかぼちゃは、保存性が高い栄養満点のおいしい秋の味覚です。

かぼちゃは鮮度が良いほど美味しいというわけではなく、収穫後に一定期間置くことで

デンプンを分解させ糖分に変えることで、甘みを増幅させることができます。

収穫から1ヶ月程度冷暗所で貯蔵し追熟すると、甘みが増して美味しくいただけます。

 

そんなかぼちゃは、β‐カロテン、カリウム、ビタミンC、ビタミンEなど私たちの体にとって嬉しい働きの栄養素が豊富に含まれています。

 

・β‐カロテンは、活性酸素と呼ばれる、がんや老化、免疫機能の低下などに関わる物質を抑える『抗酸化物質』です。

さらにβ‐カロテンは、体の中でビタミンAに変化して、皮膚や粘膜の免疫力を高める働きがあります。

 

・カリウムは、塩分を体の外へ出すことを促すミネラルです。

近年、野菜や海藻類の摂取量が少なくなり、カリウム摂取量は年々減少しています。

かぼちゃ100gに含まれるカリウムは450㎎なので、成人男性が1日に必要なカリウムの目安量のおおよそ18%を補えます。

インスタント食品や外食で塩分の摂取量が増えてしまいがちな方は、特に意識してカリウムを摂るようにしましょう。

 

・かぼちゃは意外にもビタミンCが多く、100gあたりなんと43㎎、成人男性の1日の推奨量のおおよそ40%相当です。

 

かぼちゃ100gあたりには、4.9㎎のビタミンEが含まれているので、成人男性の1日の目安量の半分以上を補えます。

ビタミンEは強い抗酸化作用があるので、細胞にダメージを与える活性酸素から体を守ってくれます。

ビタミンAやビタミンCと一緒に摂ることにより抗酸化作用が高まるので、ビタミンA・C・Eをすべて含んだかぼちゃを食べることで、効率的に補えます。

 

是非、旬の野菜を食べて健康的の身体づくりや、ボディメイクに役立ててください。

 

 

 

ITOU

REAL コンディショニング&トレーニングセンター